2017年5月25日木曜日

ある日のシーン作り

 私たち脚本・演出グループの仕事のひとつは、シーン作りを引っぱっていくことです。ところが「やりたい!」という思いだけでこのグループに入った私は、特に演出についての知識を持ち合わせているわけでもなく、シーン作りで自分の力不足を感じることが度々です。
 
 この日も例外ではありませんでした。
 練習の中で役のキャラクターを深めていこうと考えていたのですが、何をしていけば役を掴む助けになるか分からなかったのです。いつも通りシーン練習をすればいいのか、一人台詞を重点的にやればいいのか-------------
 頭を悩ませる私に、クラスメイトのひとりが即興劇を提案してくれました。
ありがたい!

 さっそくやってみました。

「列車の中」という設定の即興で、役者以外の人々が思いおもいに乗客や清掃員などを演じ、役者は自分の役として乗客たちと関わる中で、そのキャラクターを深めていくのです。
 咳払いをし続ける人や、大阪風のおばちゃんが登場したり、なぜかイスの下を掃除すると言って乗客に足をいちいち上げさせる清掃員が出てきたり--------
 
 ずいぶんと楽しい時間になりました。
 
 今回はクラスメイトの提案に助けられましたが、次は私が頑張ります。

                                             
                              アンドロメダ

                                           


2017年5月15日月曜日

ゴールデンウィーク集中練習


 やってきました、ゴールデンウィーク!!っと思いきや、僕たち12年生は登校。思いっきり遊びたいという気持ちはさて置き、猛練習を行った。
 朝9時に登校。一日はランニングで幕を開け、その後は筋トレ、ストレッチ、発声練習が続く。ここまでは毎日行う基礎練習で、発声練習を除けばアスリートの生活と何ら変わらない。正直、発声練習に関しては、僕は人一倍声が大きく、また滑舌も悪くないので、僕だけやらなくてもよいのではないかと心の中で思っている。
 そして、各シーンに分かれてのシーン練習。僕はまだ自分の演じる役のイメージが定まらず、苦労している。シーン練習の裏では、皆それぞれが所属するグループの作業を進めている。僕は広報なのでポスターを作成したり、このブログの開設準備をしていた。結局ゴールデンウィークの出校日数は4日。毎日忙しく大変疲れた。しかしこの期間に各シーンの状況は今までと比較にならないくらい改善し、グループ作業も大幅に進んだ。自分のシーンに関しても、先が全く見えなかった演技に希望の光が差しこんだ
 
                            アルタイル